注目キーワード
  1. CSS
  2. WordPree
  3. Amazfit Bip

アイダ設計でマイホーム。お風呂(バスルーム)はどんな感じ? LIXIL(リクシル)製、又はHOUSETEC(ハウステック)製

「アイダ設計の一番安いプラン」のお風呂編。LIXIL(リクシル)製のアライズ、又はHOUSETEC(ハウステック)製のフェリテのどちらかを選べました。

両方のショールームの様子や気になった事、実際に選んだもの(HOUSETEC)をご紹介いたします。2021年の情報になります。どなたかの参考になれば幸いです。
施工後(2022年4月)に再度載せる予定です。

ローコストハウスメーカー「アイダ設計」の中でも一番安いプラン「ブラーボ スタンダード」で家を建てようとしています。そう、激安で仕上げようとしています(笑)※「ブラーボ スタンダード」は、いずれ名称変更になるとの事で、「アイダ設計の一番安いプラン」として説明しています。

登場人物(飛ばしていいです)

施工主様。何かと心強い。お金は出すけど口は出さない。現人神じゃないだろうか、この人。
blogを書いてる人。施工主様よりインテリアの選定を任されていて嬉しいけれどその責任の重圧をひしひしと感じている。胃がキリキリキリキリ。でも幸せな悩みだよな。
スポンサーリンク

はじめに

え?パンフレットだけ?

4、5回打ち合わせをして、お風呂に関しての説明は、我が家が狭小住宅ゆえ「浴槽が小さいものになる」だけだったような気がします💧

渡されたパンフレットもLIXIL製とHOUSETEC製それぞれ1ページしかない・・・
しかもこれ、唯一の説明の「浴槽が小さいものになる」の浴槽は載ってないんですよね。ショールームで確認するしかありまへんがな。

皆さんどうやって決められているんですかね?(・∀・;)

アイダ設計 パスルーム

私の想像では、ハウスメーカーでモデルルーム(バスルーム)が有ったり、アクセントカラーを色見本で選べたり、オプションを提示してくれたり、、、と勝手に思っていましたが・・・違いました(笑)

レッツ ショールーム

お風呂は苦手で直ぐに脱出してしまいます。加えてインテリアに影響する部分でも無いので拘りはナッシングです。なのでサクッと決めらるはず・・・とは言え、実物は見たい。って事で、近くのショールームへ行ってきました。

事前準備

WEBからの閲覧・取り寄せが可能なカタログを閲覧し、追加したいオプションや気になっている部分を確認しておきましょー。・・・と思いました。
だってショールームに行くと舞い上がってしまうんですもの。

HOUSETECのオンラインカタログ
アイダ設計のパンフレット記載の「フェリテ 2018」は、HOUSETECの「フェリテ スタイルS」の亜種です(完全一致では無いみたい。予想ですがクリン軟水が無かったり、棚が2段だったり、鏡が小さかったり、照明が1個だったりかと。分かったら追記します。)

LIXILのオンラインカタログ

LIXIL ショールーム東京

2021年春頃に3回訪れ、何れも賑わっていました。受付だけでも並びます。
一番人気はバスルームエリア。
館内は広く様々な商品を取り扱っているので見ごたえがあります(余計なモノをオプションにしちゃいそうです(笑))

見学予約が取りずらいですが、説明員の付かない「セルフ見学」を選んでも館内に複数の説明員が巡回しており、質問に答えてくれますよ。
ただ、見積書と完成イメージ作成は「セルフ見学」だと無しです。

  • 左)疑似バスルームが沢山設置されている(入れます)。こちらが0.75坪S1216サイズの小さな浴槽です。175cm位の施工主様が入っています。
  • 中)壁パネルのサンプル。
  • 右)お風呂のミニチュアが用意されており組み合わせを確認できます。

LIXILショールーム東京

HOUSETEC ショールーム 池袋

数時間前に電話で連絡して入館出来ました(説明員付き!)見積書と完成イメージ有り。

  • 左)疑似バスルームが沢山設置されている(入れます)。こちらが0.75坪S1216サイズの小さな浴槽です。175cm位の施工主様が入っています。
  • 中)丸い鏡が良かったけれど却下されましたw
  • 右)こちらの照明が付きます

HOUSETEC ショールーム

  • 左)おままごとセット。こちらの組み合わせにしました。
  • 中)シャワーヘッドと蛇口はこちら
  • 右)掃除しやすそうな扉。

HOUSETEC ショールーム

HOUSETECで作成してもらった完成図

綺麗に作っていただきました。これは完成後がイメージしやすい!😆😆😆
HOUSETECで作成してもらった完成図

アクセントカラーは、コントルノグレージュ。ベージュのハニカム柄っぽい感じです。
アクセントカラーパネルに関しては画像と印象が違うモノが多かったので、こだわる方は特に実物を確認することをお勧めします。
check_circle HOUSETEC アクセントカラー カタログリンク

HOUSETEC 深掘り

HOUSETECに決めたので、細かく深堀りを。

フェリテの壁は鋼板パネル仕様の壁になり壁に磁石がつきます。ただHOUSETECではバスルームの壁に磁石や吸盤でつく小物類等の使用は想定していません。
磁石が錆びて壁に付着したり、小物との接触面の壁表面の樹脂シートに跡がついてしまうので、市販の小物は自己責任でみたいな感じでした。

自分は自己責任で山崎実業製のマグネット収納を検討しています。傷が付いたレビューはなさそうです。

デザインがスッキリしていて感動しました。今まで厄介だった換気口の埃やパッキンの汚れから開放されるかな?!LIXIlも同様のデザインで、色は白でした。
check_circle HOUSETEC お風呂の扉 カタログリンク

HOUSETEC お風呂の扉

浴槽の形

アイダ設計のパンレットに載っていなかった、狭小住宅用の0.75坪S1216サイズの小さな浴槽は「プレンティバス」でした。コロンとして可愛い。
check_circle HOUSETEC 浴槽 カタログリンク

プレンティバス

排水栓

ポップアップ排水栓(S1216サイズだとオプションになるかも。要確認です。)か、ゴム栓のままか。。。
check_circle HOUSETEC 浴槽栓 カタログリンク

排水ボタンだと壊れた時面倒だよ

浴槽の色

フェイスクリン浴槽はカラーが4色(ピンク・水色・ベージュ・白)もあるぅぅうう(カタログリンク)😆と歓喜しましたが、デフォルトだと両メーカーとも浴槽の側面色(浴槽エプロン)が「白」・・・ってどうなの?!浴槽と同じ色がいいー

HOUSETECのカタログには「黒」も有りますね。(差額無しらしい)希望を伝えれば無料or少額で黒に変更出来るかも。でも私は浴槽と同じ色がいいー(しつこい)
check_circle HOUSETEC 浴槽エプロン カタログリンク

HOUSETEC 選べる浴槽

目地

劣化しにくい乾目地を採用してるみたい。指でこすって比べてみたらその差に愕然しました。クリンジョイントしサラサラ、コーキングの方はベタベタでしたわ。

カビが付きにくいのは有り難いですね。
check_circle HOUSETEC クリンジョイント カタログリンク

ハウステックのワイヤーラック
check_circle HOUSETEC ワイヤーラック カタログリンク

ワイヤーラックに変更しました。プラスチック棚のヌメヌメ・白いカルキ汚れ回避です。(掃除をこまめにすれば良いんだけどw)
水はけも良く取り出して掃除できるので清潔に保ちやすいです。

LIXILもワイヤーラックへ変更出来ましたが棚が取れなくて角に取り付けるコーナー型タイプのみですし、高かったです💧

換気扇

換気扇を常時動かしたい為「24時間タイプ」に変更しました。運転モードは強と弱。
「弱」は強モードより吸い込みが弱くなっています。
標準タイプと24時間タイプの「強」は換気能力が同じで「弱」以外を常時運転するとモーターの寿命が早く訪れるとの事。「強」→「弱」への推移は手動になります。
また「24時間タイプ」の場合、オプションの「換気扇用スイッチ」必須です。
check_circle HOUSETEC 換気扇 カタログリンク

終わりに

ショールームで作ってくれた完成イメージのおかげでお風呂に関しての不安は無いです。
あとは施工後。いかに綺麗さを保つか、、ですね。とりあえずコーティング剤はかけておこうかな、、と思います。

0